• ホーム
  • LINE乗っ取りの原因と未然に防ぐ方法を教えます

LINE乗っ取りの原因と未然に防ぐ方法を教えます

2019年10月16日

LINEは特にスマホの中でもユーザーが多いアプリですが、乗っ取りが多いということで気をつける必要があります。アカウントへの不正ログインが多く、実際に乗っ取りをされたケースから、試みているケースも頻発していることがわかります。SMS認証番号や普段使用していないデバイスなどのから、ログインがされると通知が来るシステムになっているので未然に防ぐことも可能です。不正ログインをされてしまうと、トーク履歴やSMS認証番号なども全て知られてしまいます。

ブルートフォース攻撃は一般的なサイバー攻撃と比較すると、ネットワーク上やサーバでの知識の中で行えるので専門的な知識がなくても行える攻撃です。人の手でひとつひとつ攻撃することは非現実的ですが、これをコンピュータで行うと効率が良くなりすぐに攻撃を受けてしまうことになります。これを未然に防ぐためには、8桁以上のパスワードを設定することによって可能です。英字だけではなく数字や記号を織り交ぜることによって、コンピュータを使っても効率が悪くなるという結果になります。ブルートフォース攻撃は全ての可能性があるパスワードを試す方法なので、回数をこなすことで結果的にログインされます。従って、一定数のパスワードを間違えるとロックがかかるシステムも効率が良くなります。

次にフィッシング詐欺は送信者を偽装し電子メールを送ることで、偽りのホームページに誘導する方法です。そこでクレジットカードなどの番号やユーザー名、パスワードなどを入力させ個人情報を盗み取るという手口になります。最近のフィッシング詐欺では電子メールの内容も、緊急を装うような文面にすることが多くターゲットを混乱させて入力へ導きます。サイトも本物に限りなく近づけていることが多いので、判断しづらくパスワードの盗難にあうケースも増えています。パスワードの盗難にあわないために常にURLに異変がないか気をつけたり、正式なホームページをブックマークしておき、常にそこからログインすることが望ましいです。

リスト型攻撃は攻撃している人がどこからか入手したユーザー名やパスワードのリストを用いながら、正規ルートにて不正アクセスをしようとする攻撃です。LINEではトーク履歴なども全てわかってしまうので、そこに何らかの個人情報があれば盗み取れてしまう可能性も高いです。リスト型攻撃の対処法としては、ユーザー名とパスワードを色々なサイトで使いまわさないことが大切になります。