• ホーム
  • 流石!若者!情報発信が早いTwitter!

流石!若者!情報発信が早いTwitter!

2019年07月27日

Twitterは若いユーザー層でニュース並みに規模が大きく、伝達していくスピードも速いことが大きな特徴です。トレンド感のあるユーザー層が利用していることもあり、最新情報を即座に話題にしツイートしていることからもわかります。テレビからの情報よりも早いところで、Twitterから何かを発信するときには、テレビよりも2割も多く、早く人々に伝えることができることになります。

趣味の分野やトレンドにも合わせてツイートしていることが多いですが、項目に合わせて複数アカウントを使い分けているユーザーもたくさんいます。ハッシュタグをつけることで、さらに属性が変わってきますし個人だけではなく企業でもこれらを活用して活動します。人によっては朝起きた時から、夜寝る時まで常にツイートをしていることもあり、それも最新情報として取り入れるケースがあります。どの時間帯でも気軽にツイートすることができるのも、Twitterの良いところで趣味のことをツイートする人もたくさんいます。

複数アカウントを利用しながらツイートしているユーザーなど、反応の速いTwitterですがこれをマーケティングで活用することも視野に入れることが可能です。広告をするためのプラットフォームとして利用し、商品やサービスのエンゲージをプランニングしていきます。企業でもこれまでの特性を活かすことで、ニュースよりも速い最新情報を取り入れいることができます。マーケティングでも若者が現在、何に興味を持っているかがわかりやすいです。

自社の商品やサービスをどのようにマッチングさせるかということも、たくさんのヒントが隠れているので情報発信の早いTwitterを確認します。的確な最新情報をTwitter内でターゲットにしている層へ届けることで、認知度をさらに上げることが可能です。トレンドはスピード感も大切ですし、テレビで情報を流すよりも費用対効果が高いとされます。興味や関心ごとなどを利用してツイートすることもありますが、ひとつひとつのツイートを活用することで最新情報を発信することもあります。

中にはインフルエンサーを活用することもあり、Twitterのタイムラインで視聴することができるのも多いなポイントです。これにより話題性もありますし、多くの若者が参加することになるので情報の伝達速度も速くなります。ツイートの下部に設定しているハッシュタグも、利用方法を工夫することで拡散力が高くなることもあります。