• ホーム
  • もはやメールの時代は終わった!今やLINEが主流となっている理由について

もはやメールの時代は終わった!今やLINEが主流となっている理由について

2019年09月11日

LINEは幅広い世代から支持を得ており、コミュニケーションのツールとしての役割を担っています。無料でコミュニケーションをとることができるので、一般のスマホなどでの通話よりもLINEを使用するという人が多いです。大学生以下でLINEを使用しているのは9割にもなっており、女子高生は10割の普及率になっているのでほぼ全員が使用しているといっても過言ではありません。

社会人でも職場の人とグループLINEを使用し、仕事の日程を合わせるなどで使用していることがあります。このような使用方法により、社内で必ずLINEのアカウントを持つ必要がある人も多いです。タイムラインでは一般的なSNSのような仕様で、日常の出来事や旅行などの思い出を投稿することができます。友達登録をしている人しかとタイムラインをシェアすることができないので、セキュリティ面ではしっかりしています。友達になっていてもあまり親しくない人で、タイムラインを見られたくない場合はそこで設定をすることも可能です。最近は幅広い世代で電話番号を持たない人たちが増えてきており、全てをLINEの無料通話でまかなっていることもあります。基本的には無料で利用できるのはアカウントを持っている人同士なのですが、有料で公式の電話番号などへかけることもできます。

格安スマホが普及していますが、データ通信専用のプランがあるので、電話番号を設定しなくてもやり取りが可能です。メッセージはチャット形式でリアルタイムで会話できますし、相手がメッセージを読めば既読が表示されることも大きな特徴になります。ユーザー数がかなり多くなっているので認知されている確率も高いですが、メッセージ機能もメール機能も全てチャットで代用することができます。既読になることで相手がメッセージを見たということになり、様々なところで機能を発揮します。

メールではわからないユーザー数もあるので、社会人であれば携帯電話の番号は必要になってきます。LINEスタンプは特にデザインが豊富で、様々な感情を表現しやすい仕様になっています。このことからスタンプのみでの会話を成立させてしまう若者もいますし、幅広い世代の中でなくてはならないものになりつつあります。アプリを使うことで全てを無料で利用できることもあり、普及のハードルが低くなっています。LINEのアプリで様々なゲームをすることができるので、メールと一緒に活用している利用者が多いです。